Bose QuietComfort Ultra Earbuds レビュー| 究極の静寂と臨場感体験

Bose QuietComfort Ultra Earbuds ガジェット
※当サイトは、アフィリエイト広告を利用しています

日々の喧騒を忘れ、究極の静寂の中で音楽を堪能したいと思いませんか?

それを可能にするのが「Bose QuietComfort Ultra Earbuds」です。

このワイヤレスイヤホンは、革新的なノイズキャンセリング技術により周囲のあらゆる不要な音を消し去ります。

さらに、新しく搭載されたイマーシブオーディオ(空間オーディオ)により、音楽や映画がまるで目の前で演奏されているような臨場感を味わうことができ、音の広がりや深さ、細部のディテールまでがリアルに再現され、まさに究極のリスニング体験を楽しむことができます。

特に、重低音の迫力と高音の透明感は、一度体験すると他のイヤホンでは満足できなくなるでしょう。

究極の静寂と臨場感を求めるあなたに、「Bose QuietComfort Ultra Earbuds」は間違いなく最高の選択肢です。

この記事では、実際に使ってみたレビューをお届けします。

こんなヒトにおすすめ
  • ノイズキャンセリング機能を重視し、周囲の雑音を消し去りたい方
  • イマーシブオーディオで、よりリアルで没入感のある音響体験を求める方。
  • 重低音の迫力と高音の透明感な音質を重視している方
  • 長時間の使用でも快適な装着感を重視する方。

Bose QuietComfort Ultra Earbudsの基本情報

スペックと特徴、パッケージ内容

Bose QuietComfort Ultra Earbudsのスペックは、以下になります。

Bose QuietComfort Ultra Earbudsのスペック
ケースサイズ5.94 x 6.63 x 2.67 cm
重さ充電ケース:59.8 g、イヤホン:6.24 g(片耳)
Bluetooth規格Bluetooth 5.3
対応コーデックSBC / AAC / aptX Adaptive
再生可能時間最大6時間 / 充電ケース込み最大24時間
充電時間充電ケース:最大3時間 / イヤホン:最大2時間
20分の急速充電で、最大2時間再生可能
充電端子USB Type-C
ワイヤレス充電△(別売りの充電ケースにより可能)
ノイズキャンセリング
外音取り込み
マルチポイント△(後日アプリ更新で対応予定とのこと)
専用アプリ
防水規格IPX4
操作タッチコントロール
カラーブラック / ホワイトスモーク / ムーンストーンブルー

Bose QuietComfort Ultra Earbudsの特徴を簡単に紹介します。

Bose QuietComfort Ultra Earbudsの特徴
  • 革新的なBoseイマーシブオーディオ(空間オーディオ)を搭載
  • 世界最強クラスのノイズキャンセリングを搭載
  • 個々の耳に合わせてサウンドを最適化するCustomTuneテクノロジーを搭載
  • イヤホン本体とケースで合計24時間使用可能
  • 非常にソフトイヤーチップとスタビリティバンドで、長時間の使用でも快適装着
  • Boseアプリで設定を好みに合わせてパーソナライズが可能

Bose QuietComfort Ultra Earbudsのパッケージ内容です。

Bose QuietComfort Ultra Earbudsのパッケージ内容
Bose QuietComfort Ultra Earbuds
Bose QuietComfort Ultra Earbuds
  • Bose QuietComfort Ultra Earbuds
  • 充電ケース
  • イヤーチップ (S、M、L)
  • スタビリティバンド (S、M、L)
  • USB-C® (A to C) ケーブル (30 cm)
  • 取扱説明書

Bose QuietComfort Ultra Earbudsの外観デザイン

充電ケース

Bose QuietComfort Ultra Earbudsの充電ケースは、滑らかな曲線を持つ角がとれた四角形のデザインで、表面はマットな質感です。
中央には「BOSE」のロゴが目立つように配置されています。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

カラーはブラック、ホワイトスモーク、ムーンストーンブルーの3色展開しています。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds
出典 : Bose

充電ケースのサイズはやや大きめです。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

WF-1000XM5やAirPods Pro2と比べると、その大きさの違いが分かります。
ただ、気になるほどの大きさではないです。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

厚みもこんな感じです。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

重さはイヤホン込みで73.0gです。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

「BOSE」ロゴの上にある小さな点が充電ケース用のインジケータで、バッテリー残量やアップデート、エラーの状態を確認できます。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

背面にあるのが、ペアリングやリセット時に押すボタンです。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

充電用のUSB Type-Cポートは底面に装備。
20分の充電で最大2時間の再生ができます。

残念なのは、ワイヤレス充電は非対応なんです。

ワイヤレス充電は別売りの充電ケースか必要です。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds
Bose QuietComfort Ultra Earbuds

ケースを開けると、イヤホン本体が立てられた状態で収納されており、取り出す際は内側に傾けながら引き抜くと取り出しやすいです。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

充電ケース内側のインジケーターはイヤホン用で、Bluetoothの接続状態やバッテリー残量、アップデート、エラーの状態が確認できます。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

イヤホン本体

イヤホン本体は、光沢のある仕上げが施されており、滑らかな曲線が特徴的な流線型でスタイリュなデザインです。

前面はシルバー加工が施され、Boseのロゴがプリントされています。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

イヤホン本体の重さは、左右で14.1gです。

片耳の重さは約7gです。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

楕円形をしたイヤーチップは耳の入り口で優しくフィットし、スタビリティバンドが耳の溝に収まるように設計されているので、快適な状態で耳をふさぐことができます。

そのため、負担を感じることなくイヤホンがしっかり密着し、長時間の使用でも快適な装着感が得られます。

Boseアプリでフィット状態が確認できます。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

さらに、S/M/Lの3種類のイヤーチップとS/M/Lの3種類のスタビリティバンドが付属しているため、自分の耳に合ったサイズを選ぶことで、より快適なつけ心地を実現できます。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

「BOSE」のロゴ部分がタッチセンサーとなっていて、タップやスワイプによって音楽再生や音量調整などの操作ができます。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds
Bose QuietComfort Ultra Earbudsの操作
再生/一時停止L or Rを1回タップ
音量を上げるL or Rを下から上にスワイプ
音量を下げるL or Rを上から下にスワイプ
次のトラックへ送るL or Rを2回タップ
前のトラックへ戻すL or Rを3回タップ
モード切替Lを長押し
イマーシブオーディオ切替Rを長押し
着信応答着信中にL or Rを1回タップ
通話終了通話中にL or Rを2回タップ
着信拒否着信中にL or Rを2回タップ

防水規格は「IPX4(生活防水)」に対応しています。

IPX4

IPX4は、あらゆる方向からの飛沫による有害な影響がないレベルです。
水周りでの水しぶきや少々の雨に当たっても大丈夫なレベルですが、水中に沈めたりできません。

Bose QuietComfort Ultra Earbudsの主な仕様

音質とイマーシブオーディオ機能

音質

Boseならではの低音域はさすがと言えるクオリティで、その圧倒的な迫力には感動します。

中高音域においてもボーカルや楽器の音がクリアに聴くことができて、バランスの取れた音質で聴いていて楽しいく感じることができます。

Bose QuietComfort Ultra Earbudsは、aptX Adaptiveにも対応したことで、ハイレゾオーディオストリーミングをサポートし、CDを超える音質で音楽を楽しむことができます。

aptX Adaptive対応デバイスご使用のユーザーは、その性能を十分に楽しめますね。

イマーシブオーディオ機能

Bose QuietComfort Ultra Earbudsイマーシブオーディオ(空間オーディオ)を搭載しており、これまでにないリスニング体験を楽しむことができます。

実際に聴いてみると、イマーシブオーディオに切り替える前と後では音の立体感や臨場感の違いが鮮明に感じられ、まるで目の前で音楽が鳴っているかのようなリアルな感覚を体験できることに驚きました。

イマーシブオーディオには「静止」と「移動」の2種類のモードがあり、シーンに合わせて使い分けることで、さらにリアルな体験が楽しめます。

イマーシブオーディオは映画やアニメなどの動画コンテンツの視聴も楽しめます。
トップガン マーベリック』のクライマックスの戦闘シーンなどは圧倒的な迫力で、まるで映画館で観ているかのような臨場感を味わえます。

ノイズキャンセリング機能

世界最高クラスのノイズキャンセリングと謳われるだけの静寂性能を体感できます。

駅のホームで装着してみた感想として、さすがに駅のアナウンスや電車の走行音までは完全には消し去れませんが、イヤホンをつけた瞬間に周囲の雑音が「スッ」と消えるのを実感でき、その性能には驚かされました。

この性能のおかげで、電車内でも小音量で普通に音楽を楽しむことができます。

WF-1000XM5やAirPods Pro2のノイズキャンセリング性能も素晴らしいですが、Bose QuietComfort Ultra Earbudsは頭一つ抜けてる感があります。

Boseアプリ

専用の「Boseアプリ」と連携すると、さまざまな設定や操作を行うことができます。

Boseアプリでできること
  • リスニングモード設定
  • イコライザー設定
  • ショートカット設定
  • Bluetooth接続管理
  • イマーシブオーディオ設定
  • イヤホンフィトテスト
  • 環境設定…など
Bose QuietComfort Ultra Earbuds

Boseアプリを起動すると、ホーム画面に既に連携されているBose製品が表示されます。
新しい製品を連携する場合は、このホーム画面から行います。

ホーム画面で操作したい製品を選択すると、その製品の設定や操作を行えます。

リスニングモード設定

リスニングモードには3つのプリセットが用意されており、好みや環境に合わせて切り替えることができます。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds
リスニングモード
  • クワイエット: ノイズキャンセリングは最大レベル、イマーシブオーディオはオフの状態です。
  • アウェイ: ノイズキャンセルは最小レベル、イマーシブオーディオはオフの状態です。
  • イマーション: ノイズキャンセリングは最大レベル、イマーシブオーディオは移動モードの状態です。

さらに、ノイズキャンセリング機能とイマーシブオーディオ機能を自分好みにカスタマイズすることもできます。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

ノイズキャンセリング設定は
0〜10段階で設定ができます。

イコライザー設定

イコライザーには4つのプリセットが用意されていて、好みの設定を選ぶことができます。

  • 低音増強 / 低音減衰
Bose QuietComfort Ultra Earbuds
  • 高音増強 / 高音減衰
Bose QuietComfort Ultra Earbuds

イコライザーも自分好みに低音、中音、高音を±10段階で、それぞれのカスタムマイズをすることができます。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

ショートカット設定

ショートカットは、左右のイヤホンをそれぞれ長押ししたときの動作を設定できます。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds
設定できるアクション
  • 左右のショートカットのオンとオフ
  • リスニングモードの切り替え
  • イマーシブオーディオの切り替え
  • 音声アシスタントアクセス

イマーシブオーディオ設定

イマーシブオーディオは静止、移動、オフをお好みで選択することができます。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds
Bose QuietComfort Ultra Earbuds
イマーシブオーディオ
  • 静止: 頭を動かしても音像の位置は変わりませんが、頭の向きを変えて数秒間静止したときは、音像の位置が補正されます。
  • 移動: 頭の動きに合わせて、常に音像の位置が追従して変化します。
  • オフ: 通常のイヤホンから再生されてるように聞こえます。

イヤホンフィットテスト

イヤホンが快適に耳にフィットしていると、CustomTuneによってユーザーに最適なサウンドとノイズキャンセリングが実現されます。

イヤホンフィットテストはCustomTuneで計測し、フィット状態を確認できます。

テストは『テスト実行』ボタンを押すだけです。

Bose QuietComfort Ultra Earbuds

ちょっと残念なところ

マルチポイントは今後のアップデートに期待

マルチポイントは2024年5月時点では非対応ですが、今後のアップデートで追加される予定です。

スマートフォンやパソコンに同時にイヤホンを接続し、スムーズに切り替えられる便利な機能なので、早めにアップデートしてほしいところです。

マルチポイントとは

マルチポイントとは、Bluetooth対応機器をスマホやパソコンなど、複数の機器に同時につなげることができる機能です。
例えば、パソコンで音楽を聴きながら、スマホからの着信にも対応できます。

ワイヤレス充電は標準で装備してほしかった!

ハイエンドモデルの製品にワイヤレス充電が標準装備されていないのは残念です。

ワイヤレス充電を利用するには、別売りのワイヤレス充電ケースが必要です。

まとめ

この記事では「Bose QuietComfort Ultra Earbuds」について、ご紹介しました。

最高レベルのノイズキャンセリング機能と音質を備えた完全ワイヤレスイヤホンです。

特に、空間オーディオ「イマーシブオーディオ」は、音楽や動画をより立体的で臨場感あふれるオーディオ体験として楽しむことができます。

究極の静寂の中で音楽を堪能したい方は、ぜひこの完全ワイヤレスイヤホンを検討してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました